悩んでいる人も多い多汗症ですが、朗報です。簡単な施術で多汗症を治療する事が出来るんです。今は医学も進歩して、治せない病気はほとんど無いと言っても過言ではないでしょうか。多汗症も例外ではありません。以前の多汗症の手術といえば、多汗症の元である汗腺を取り除くために、皮膚を切開して皮膚の下に多汗症治療専用の器具を入れて汗腺を掻き出していました。その方法ゆえに全身麻酔と入院を要し、多汗症手術後はかなりの痛みを伴います。回復までにも時間がかかるのでダウンタイムが長く、忙しい人には不向きの手術でした。しかし今はメスを使うことなくレーザーで汗腺を縮める事で汗自体をかかない様にする治療方法もあります。この治療法なら局部麻酔で済すみます。