製品の中には規格外のものが発生してしまう事があります。
これはきっとどの工場現場でも同じではないでしょうか。
しかし、品質に沿わない商品をお客様のもとへ納品するわけにはいきません。
そこで、株式会社アイケープラストでは生産現場において不良品のチェックセンサーを用いています。
これによりセンサーが不良品とそうでないものを自動的に判断してくれるため、ミスや漏れなどもなくなります。
さらに確実に安全な商品を届けるために、金属探知機を設置しています。
金属が混入していると体内に入った時に大変な事になるため、小さな金属すら見逃しません。
また、ピンホールを発見するピンホールチェッカーもあります。
他には商品を監視するためのCCDカメラや測定器もあります。
こうしたチェック体制は人の手で行っている所もありますが、どうしても常に正確な判断を出来るわけではありません。
機械を導入することで、よりアイケープラストの製品を安心して利用する事へと繋がるのです。