歯が悪くなかったときはその大切さに気が付かないものですが、悪くなってくるともっとまめに歯医者に通えばよかったとか、もっと歯を大事にすればよかったと思うものです。
日本人は、教育や文化は先進国といわれていますが歯の治療に関していえば後進国といわざるを得ないようです。
そのくらい歯の治療には積極的でない方が多く、40代以降の年代の人の多くが歯周病を抱えているというのです。
歯周病は症状が進むと歯を失ったりします。
さらにそれがひどくなると自分の歯のすべてを失ってしまいます。
いままででしたら、その場合、総入れ歯なりなんとかその歯で、生きていくという選択しかなかったのですが、新な方法としてインプラントという技術が開発されました。
ただ、初めのころのインプラントはかなり高額ということと、高い技術を持つ医師不足ということもあって、トラブルが起こることもあるようでした。
しかし最近は、オールオンフォーというインプラントが開発されるようになってインプラントのデメリットが改善されるようになってきたのです。
いままでのインプラントよりずっと値段が安いということと、施術の期間が大幅に少ない時間で済むということと、自分の歯が再生したようになるということで、かなり普及されるようになっているようです。
このホームページにも情報があります