大学のどの学部に属していても、一般教養として心理学を勉強する機会があると思います。
最近では主人公が大学で学んだ心理学を使って、だまし合いのバトルに出て活躍(?)するという話が元々は漫画で人気になり、ドラマ化・映画化されたものがあるように心理学を学ぶことで様々な場面で活用することが出来ます。
ここで心理学の様々な利用方法について書いてみたいと思います。
心理学を利用することは、相手の気持ちを読み取ってどのようにしてこちらの希望の結果となるように仕向けるかということが基本ですので、恋愛や仕事での商談など様々な場面で利用可能です。
心理学を学べば、相手のしぐさや表情を読み取ることで相手がどのようなことを考えているのかがある程度読み取ることが可能となるかもしれません。
また相手の身なりなど外観でその人がどのようなタイプの人かある程度判断出来ることがあるので、話をする際の心構えが出来る場合があります。
心理学について書かれている様々な本が出版されています。
それらを読めばどのような場面で心理学を利用すればよいのかのヒントを得ることが可能です。
ただあくまでおおまかなタイプ・傾向について書かれているものが大多数なので100%全てのケースに当てはまるわけではないので、注意が必要です。おすすめはコチラ