1年間でおよそ100倍にも価値が膨れ上がったとして、世界中から注目を集めた仮想通貨のビットコインのことは、インターネットニュースなどで目にしたことがある人も多いと思われます。
そのビットコインの取引所において、不正な取引によって多くのコインが失われ、結果的に破たんしたというニュースは日本でも大々的に報じられたことから、ビットコインとは危ないものであり、信頼できないものであるという認識を持つ人も多かったのではないでしょうか。
調査の結果、取引所におけるコインの紛失は人による仕業、いわゆる横領であったことがわかりました。
ビットコインそのものの取引は正常に行われていたことが判明したことによって、むしろ過熱する一方だった取引を正常に戻したともいわれています。
実際、仮想通貨の取引をする人がいなくならないのには、理由があります。
それは、仮想通貨の取引の場がブロックチェーンというテクノロジーによって強固に守られていることを知っているからです。
仮想通貨取引において、取引の記録をまとめたブロックを次々にチェーン状に順次追加していくこの仕組みは、非常にコアな技術として注目されています。
仮想通貨取引の根幹を成す、まさに欠かせない技術なのですが、一般の金融機関でもこの仕組みをインフラとして取り入れようとする動きが欧米で見え始めています。
一つの場所にデータを集中させると、その場所がダメージを受けた場合、情報が失われてしまいますが、次々とつながっていくブロックチェーンにおいては一つでもデータが残っていれば、復活させてつながっていくことが可能だからです。
データが命の金融機関にとって、無視できないテクノロジーです。