不動産事業では、良い物件を購入するときには早く手付け金を支払うことになります。
それ以外にも競売物件など急な資金が必要になるのが不動産事業のデメリットになります。

日本保証では、不動産事業のデメリットとなる急な高額になる資金を融資することで、サポートする不動産事業者向けのローンがあります。
こちらの不動産事業者向けローンでは、不動産事業で必要となるいろんな資金をトータルでサポートしてくれることになります。
不動産事業を経営する個人経営者や企業経営者では、バブル崩壊後簡単に融資を金融機関となる銀行や信用金庫から受けることが難しいです。
よほど好条件の担保物件や業績でなければ簡単に融資を受けることが難しいです。
そこで日本保証では、不動産事業を行っている個人経営者や企業のための融資を行っています。

不動産事業者向けのローンになるため、物的担保の提供が必要な融資になります。
原則的に保証人が必要でないため個人経営でも融資を受けることが可能なものになります。
不動産の担保の提供を行う融資になるため、融資物件や業績により実質的な時速の年利率が変動することになります。
また、こちらの不動産事業者向けのローンでは、融資金額が100万円から10億円と高額融資を受けることが可能です。