日本人の60代の方の半数以上が羅患するといわれる白内障は、次第に見えていたものがぼやけたり、見え辛くなるという症状を伴う病気です。
早期に発見できた場合、大体は点眼薬で様子をみながら症状が進行したり、どうしても見えづらい場合に生活に支障があってはいけませんから手術を行うことになります。
しかし、この手術は比較的短い時間で終わります。
昔ならば目を休めるたに入院をすすめてくれる病院もありましたが、今は技術も向上し、回復の時間も早いので術後少し休憩してご帰宅いただくことができます。
患者さんとしては、入院をするとなると様々な準備も必要で不要なストレスも感じてしまいますし、何よりも治療の費用がかさんでしまい心配をされます。
しかし入院せずにご自宅にお帰り頂くとなると費用の心配も軽減されます。
また、すぐに帰宅できるという手軽さもあるので、これは経済的にも精神的にもメリットといえます。
白内障の手術では目の中にレンズを入れ込む眼内レンズというものがあります。
レンズにも色々な種類があり多重焦点式と単焦点式があります。
また単焦点式には近視用と遠視用があります。
このレンズによって費用が変わってきますが、いずれにしても白内障人口が多いなか治療方法がいろいろと開発され短時間でリーゾナブルな価格で手術ができるのはありがたいことです。