フィリピンは他の海外諸国に比べて、経済的に開かれており、海外居住者が不動産を取得することにも比較的手続きがスムーズです。
不動産投資をする場合には現地での契約手続きや支払いなどが必要になりますが、マリモのサービスやサポートを利用すれば、現地に何度も足を運ばずとも日本に居ながら不動産投資が可能になります。
フィリピンは英語圏なので契約書も英文で、他のアジアの国に比べると契約内容の確認はしやすいです。
もっとも、契約書の英文を理解するのが一般素人では難しいため、マリモが契約内容の説明や手続きをしっかりサポートしてくれます。
支払いに必要な現地での銀行口座開設から送金、ローンの手続きもサポートが受けられるので安心です。
日本国内で契約手続きを完結したい場合には、公証役場とフィリピン大使館での手続きが必要になりますが、こちらもマリモで支援してくれます。
購入後は入居者の募集や物件管理、毎月の家賃の請求など様々な賃貸業務が必要になりますが、こちらもマリモの有料オプションを利用することですべて代行してもらえます。
日本に居ながら日本に比べて割安な海外不動産を購入して、安定した家賃収入を得ることが可能になるのです。