アロマテラピーといえば、今や若い女性を中心に大人気ですよね。
一般的には、疲れやストレスを感じた時に、お気に入りのエッセンシャルオイルを
嗅ぎ、リラックスするという肩が多いでしょう。
このアロマテラピー、なんと約三千年前から医療や美容のために使われていたと言います。
古代エジプトでは、ミイラを作る時の防腐剤などにアロマが使用そうです。
かの有名なクレオパトラも、大好きなバラの香りでアロマテラピーを楽しんでいたと言われています。
また、ラベンダーの精油は火傷の治療に効果的とされており、アロマテラピーが単なるリラックスの手段ではなく、医療用としても非常に効果が高いことが示されています。
このように、アロマはさまざまな歴史や効果を持っています。
[東京のアロマスクール パルファム] アロマテラピー・アロマセラピスト資格取得なら